季語

twryossy いい お願い アイフル ポチッ一つ 三寒四温 三春 二月俳句傍題公彦 写真 初春 別記季節季語閑語 寒い 強い 応援 押してください 早春 未曉来る 歳時記 焼く 立春 節分 紅梅 良い 菜の花 言葉詠んだ 読み方 返る選句 金剛俳句

八百屋お七の命日

http://ameblo.jp/cure-terrace/entry-12142963903.html
2016-03-29 03:30:52 - ミシス #テラヘルツ #岩砂浴 #がんさよく #カウンセリング #港区三田 #野点部 #美容 #健康 #ダイエット #アンチエイジング #歳時記 #俳句 #日野草城 #季語 #名句 #仲春 #二十四節気 #春分 #七十二節

和上

http://ameblo.jp/mijinyamatanishi/entry-12144283372.html
2016-03-29 03:30:00 - それでも十分に価値のあるものです。目を瞑る和上、それだけで伝えられる思いがあります。日本の歴史を知るものであれば、だれでもわかる和上の業績、そして面立ちです。「立春」の季語を使い、鑑真を称える思いを表しています。

大賀のちなちな

http://ameblo.jp/cbeemserpbtektrpalic/entry-12144313384.html
2016-03-29 03:52:11 - 。私が小学生だったころと比べると、お金が増しているような気がします。融資っていえばせいぜい晩夏から秋に来ていたものが、必要とは無関係にドカドカ発生していて、これでは秋の季語になりません。銀行カードローン審査が心配されるとき

三元九運~今の時代をどう生きるか~

http://ameblo.jp/zhenwo220/entry-12144312721.html
2016-03-29 03:41:27 - 最近は、寒暖差が激しい今日この頃は、三寒四温という言葉にふさわしく感じます。3日間くらい寒い日が続いたあと、4日くらい暖かい日が続いて春を迎えていく。本来は冬の季語ですが、最近は春先にも使われる様になってきています。今回は三元九

石毛と塩田

http://ameblo.jp/gntnr1eoenneso58ic85/entry-12144303349.html
2016-03-29 03:59:45 - 録画する人間なんて保障を入れてもたかが知れているでしょうが、返済にはなかなか役に立ちます。私が小学生だったころと比べると、主婦即日融資が増えたように思います。お金は秋の季語にもなっている通り、本来は秋に来るのですが、金融は

のぶちんが本多

http://ameblo.jp/brhuheetesvz5l7gnesg/entry-12144301214.html
2016-03-29 03:19:04 - 録画する人間なんて保障を入れてもたかが知れているでしょうが、返済にはなかなか役に立ちます。私が小学生だったころと比べると、主婦即日融資が増えたように思います。お金は秋の季語にもなっている通り、本来は秋に来るのですが、金融は

好きな物や欲しい物は人それぞれですが、入手しよ

http://ameblo.jp/mgecenmdqloplafeyhui/entry-12144281815.html
2016-03-29 03:02:38 - わないはあるかもしれませんが、健康になったのを読んでみたいですね。統計をとったわけではありませんが、私が小さかった頃に比べ、代の数が格段に増えた気がします。サイトは秋の季語にもなっている通り、本来は秋に来るのですが、医師と

ツクシ(土筆)

http://ameblo.jp/setsukoroom/entry-12144283490.html
2016-03-29 03:20:16 - 土筆の大群に出会いました。薄茶色で、袴と言われる節を持った一本の茎に大きな頭をつけた春の季語にもなっている植物。シダ植物に門トクサ綱トクサ目トクサ科トクサ俗の植物です。とは言っても、胞子で増えます。種では増えません。ツクシは、胞

雪月華。

http://ameblo.jp/pachired193/entry-12144268046.html
2016-03-29 03:08:58 - たんですか並に帰路に延々と積もっているのでまさか雪?多分、雪(まだ信じられない)?今はもう降って(?)いないからようわかりませんが、眼前に櫻足下に雪月美しく我帰宅はい、季語乱立( ´ ▽ ` )ノテケトーな即興歌でした。お

朧月

http://ameblo.jp/miyatamago/entry-12144263848.html
2016-03-28 03:57:02 - こんばんは、私です。春の季語である朧月。今宵はそんな気がしました。そんな感じで、ジムからの帰り道、花鳥風月を愛でながら、とぼとぼ帰ってました。で、ジムの母、土居さんに、おぼろ豆腐揚げたん食べる?と頂きました。土居さん、ありがとう

明日初日「吾輩は狸である」

http://ameblo.jp/l77sei/entry-12144234370.html
2016-03-28 03:40:25 - (ノ_<) びっくり‼️雷と言うと、私は幼い頃の経験から、梅雨時や夏のイメージがあったのですが、3月から5月の間に発生する雷を"春雷"と言い、季語にも使われるほど、春の到来を伝えるものだったのです

HDDレコーダーってあんまり役にたたないかも

http://ameblo.jp/soundintake/entry-12144249032.html
2016-03-28 03:58:05 - なって雷がなりだした。夜中でよかったけど、雷なると突風がありそうで怖いわ。今年は天気がおかしいまま固定されちゃったな。むしろ、暦に季節が近かった時代が懐かしい。そのうち季語も変わっていくのかね。それにしてもそろそろ、新番組

「美樂の書」びがくのしょ「櫻尽くし・・・。」

http://ameblo.jp/sugakohamazaki/entry-12144222767.html
2016-03-28 03:19:53 - 御花見の時、思わす冷える事を「花冷え」 櫻の咲く頃に降る雨を「花の雨」 花曇り、花巡り、 花筏、花筵、花疲れ・・・。 花は桜にかかる季語・・・。 美しい言葉を綴ります・・・。 櫻の季節は日々、山や川を訪ね歩きます。 美樂の書のお

3月末日

http://ameblo.jp/ndasds/entry-12144214136.html
2016-03-28 03:43:39 - がらあてもなく綴っていますが。なぜ、紅椿梅華なんてめんどくさい名前にしたの。という話をします。単に、高1のときの古典の授業だかで俳句なんかを書いたんですよ。そのときに、季語をいれようとしたら、椿いいなーあっ梅もいいなー。紅

ジャポニズム

http://ameblo.jp/akikaze-1006/entry-12144209168.html
2016-03-28 03:32:20 - 壊したちゃって。( ̄^ ̄))息子さんに 量販店に連れてってもらいました。久しぶりのデート…(笑)o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪先程から 雷が鳴ってます。春雷、春の季語ですね。咲き始めた桜が あまり雨風に 吹かれないと

春雷

http://ameblo.jp/vampire-vampire0214/entry-12144201026.html
2016-03-28 03:28:28 - 一応、季語ですが…春先に発生する雷と、云うと眉間にシワを寄せる方もいらっしゃいますが…霰に打たれた熟( ̄∀ ̄)それも、愛猫のご飯を買い忘れ、一度自宅に戻ってから出ましたらパラパラ…ピカーンゴロゴロバラバラテンション上がりまふ天然

花曇

http://ameblo.jp/maplemaron/entry-12144196566.html
2016-03-28 03:20:24 - 刻みに 振り続ける… 桜も、春も 小幅のリズムで 足踏みする日。*花曇:桜が咲く頃の曇り空を言う。雲が低く垂れ込めるほどではなく比較的明るい曇り空。 春の季語。☆つぶやき 朝一番のあらまうっかり!の出来

季語『雁供養』投句まとめ

http://ameblo.jp/ranpox/entry-12144194777.html
2016-03-28 03:17:02 - 季語『雁供養』投句まとめ★あまりにも 優しき習い 雁供養この旅は きっと安泰 雁供養雁たちは 知るであろうか 雁供養爆ぜる音が 雁を讃える 雁供養細枝に 辛苦を偲ぶ 雁供養★Twitter @ranpox2015 #17_chす

国内ではまだネガティブなサイトも多

http://ameblo.jp/ceetg2ovewiyrmc2kcbr/entry-12144177510.html
2016-03-28 03:33:52 - ます。こちらがびっくりするくらい喜んでももらえたので、今回は本当に良かったと思いました。昔に比べると、代が増えていると思います。特にこのところ毎年ですから。サイトは秋の季語にもなっている通り、本来は秋に来るのですが、医師に

三月の投稿

http://ameblo.jp/setsunee-1025/entry-12144138582.html
2016-03-28 03:04:56 - ので助かります。(笑)続いて俳句。「岡安マネー五七五」入賞しますとピース又吉氏の俳句の師匠・堀本裕樹氏の選評がいただけるというのが魅力で応募してみましたが課題が(春の)季語+「お金」「投資」「貯蓄」をテーマに詠んだ作品。と

春のように浮かれながら? 通勤雑詠

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL25hcmFub3NveW9rYXplLzY0NDIwNDU1Lmh0bWw-
2016-03-29 03:13:00 - 俳句だと季語、切れ字等、色々小難しそうな決まりがあり、面倒だ。 それ以外全て引き受けるとか言う川柳は、かえってもっと難しい当意即妙なセンスを求め

今朝の車窓

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL21hc2Fub3JpX21hdHN1aV8wOTA0LzE4MzY0MzA5Lmh0bWw-
2016-03-29 03:32:00 - 意外に、車、スムーズに流れてる。鈴鹿の山々、霞んでますが、きれいだなあ。桜も咲き始め、徐々に、春景色。俳句で春の季語といやあ、「山笑う」だなあ。

3月29日 誕生日の全国35万人の皆さん、おめでとうございます

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2tlbm1vY2hpYnVua28zLzE0MDE3MTk4Lmh0bWw-
2016-03-29 03:32:00 - 【季語】 片栗の花 (万葉名・かたかごの花) 【俳句】 かたくりの花の韋駄天走りかな 綾部 仁喜 万葉の風に堅香子咲きにけり

3月28日

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL3VkZWt1bWlzZWlmdWt1LzE0MDE3MDE5Lmh0bWw-
2016-03-29 03:03:00 - 顔を出し始めるんだネ~!これで…なんか " 春の季語 " が揃った感じ、じゃないの ♪(^_-)-☆今夜も、これから🍴夕食だから

季語<暮の春><ポピー><夏めきて>いつでも、どこでもドア

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2thd2FjaGlrYWtla29taWFuLzEzODg5NDMzLmh0bWw-
2016-03-29 03:20:00 - 俳句は、その瞬間を取り出せるその時、心に感じたもの その時、表現できなかったもの俳句は、いつでも、どこでもドアですね大阪の 現高安山は

今日の一句(47)-寒緋桜(かんひざくら)・2016-北九州市立白野江植物公園

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2tpbmdmaXNlcl9yaXZlci8zNzExNTkyNi5odG1s
2016-03-29 03:08:00 - ;; 俳句では 「 緋寒桜 」 が冬の季語である。;; 属名の Prunus は 「 prum ( スモモ ) 」 を意味する。;; 種小名の campanulata は 「 鐘形の 」 という意味である。旨、解説されています。

マンション、年収の10倍に・・・かぁ・・・

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL3RhbWFrZW5qaWppYmFiYS8zNDA4ODUxMS5odG1s
2016-03-28 03:27:00 - 夢の春泥として吾(われ)ありぬ 田中亜美■おとといの毎日新聞「季語刻々」。坪内稔典氏はこう解説する。季語「春泥」は「春の泥」と言い、春雨、雪解けのぬかるみを指す。

第55回津野ネット句会 投句お待ち致しております!

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL3Rvc2hpeXVraV90c3Vuby80MTQzMjMzNC5odG1s
2016-03-28 03:38:00 - とにかく季語入れて五七五、そこに自分の感動したことを詠み込むのが俳句。 対比の上で日が長くなったと言う意味の季語です。※例句≪永き日や欠伸うつし

山笑ふ(三春)

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL3N1ZXlvc2lrYXdhb2thLzYzNjQyODIyLmh0bWw-
2016-03-28 03:00:00 - 中国北宋の画家郭煕の「郭煕画譜」による季語である。「春山淡冶にして笑ふが如く、夏山蒼翠とし滴るるが如く、秋山明浄にして粧ふが如く

勿忘草(須磨離宮公園)

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2hucXk4MzMyLzM1OTQwMTI5Lmh0bWw-
2016-03-28 03:55:00 - 雑誌「俳句4月号」で「取り合せ」が特集されています。この雑誌でも、作る側の工夫がいろいろと書かれていますが、作る側の工夫が高度になればなるほど、読む側は

季語 ・ 捩花 | 向日葵の小箱

http://akohimawari437.blog39.fc2.com/blog-entry-472.html

春の季語 | 向日葵の小箱

http://akohimawari437.blog39.fc2.com/blog-entry-554.html

夏の季語 | 向日葵の小箱

http://akohimawari437.blog39.fc2.com/blog-entry-559.html

夏の季語 | 向日葵の小箱

http://akohimawari437.blog39.fc2.com/blog-entry-560.html

秋の季語 | 向日葵の小箱

http://akohimawari437.blog39.fc2.com/blog-entry-569.html

季語 | 絵雑記

http://azkkaeru.blog24.fc2.com/blog-entry-2169.html

秋の季語 | dimension-freak ver.1.02

http://dfreak.blog122.fc2.com/blog-entry-104.html

怪獣 | にゃんこ庵

http://uma0415.blog.fc2.com/blog-entry-146.html
季語は~?

松毬 | 写真って難しい

http://sekkiy.blog105.fc2.com/blog-entry-48.html
松毬って秋の季語でした?

「サンデー俳句王」2016/4/3号★俳句

http://yaplog.jp/chilurin0223/archive/9037
2016-03-23 03:00:00 -

桜の季語づくし

http://yaplog.jp/users_kail/archive/3071
2016-03-22 03:00:00 -

関川夏央著「子規、最後の八年」の紹介・感想(6)左千夫と節(

http://yaplog.jp/tkhs_dz3/archive/10
2016-03-21 03:00:00 -

この時期、早春賦!!

http://yaplog.jp/tkhs_dz3/archive/3
2016-03-01 03:00:00 -

聳立

http://yaplog.jp/mabuta777/archive/2315
2016-02-26 02:00:00 -

日本の奇祭、春のパン祭り

http://yaplog.jp/yagimitinomise/archive/1475
2016-02-23 02:00:00 -

二十四節気・雨水(うすい)

http://yaplog.jp/yagimitinomise/archive/1869
2016-02-19 02:00:00 -

KAT-TUN 新譜「TRAGEDY 」フラゲ

http://yaplog.jp/006322kame/archive/132
2016-02-09 02:00:00 -

だいぶ書けるようになりました。

http://yaplog.jp/r-chel/archive/695
2016-02-07 02:00:00 -

ROSEN LIED Tuesday's Child Pop

http://yaplog.jp/janus/archive/4039
2016-02-04 02:00:00 -

季語 春 三春 春愁: あーやしゃん(俳号 dolce)の俳句 季語 日記のブログ

http://haiku2015.cocolog-nifty.com/haikunikki/2016/03/post-55b1.html
2015年5月半ばから俳句を始め、この8月半ばに季語を中心にした俳句ブログを作りました。季語をひとつ それにオリジナルの俳句を加えていきます。ご感想はVFG16603@nifty.ne.jpへ 申し訳ありませんが、写真は季語と関係しないものを入れている場合が

季語 春 仲春 ホワイトデー(季語としてない場合もある): あーやしゃん(俳号

http://haiku2015.cocolog-nifty.com/haikunikki/2016/03/post-12f5.html
2015年5月半ばから俳句を始め、この8月半ばに季語を中心にした俳句ブログを作りました。季語をひとつ それにオリジナルの俳句を加えていきます。ご感想はVFG16603@nifty.ne.jpへ 申し訳ありませんが、写真は季語と関係しないものを入れている場合が

季語 春 仲春 鷹化して鳩と為る : あーやしゃん(俳号 dolce)の俳句 季語

http://haiku2015.cocolog-nifty.com/haikunikki/2016/03/post-1ec4.html
2015年5月半ばから俳句を始め、この8月半ばに季語を中心にした俳句ブログを作りました。季語をひとつ それにオリジナルの俳句を加えていきます。ご感想はVFG16603@nifty.ne.jpへ 申し訳ありませんが、写真は季語と関係しないものを入れている場合が

季語 春 仲春 西行忌: あーやしゃん(俳号 dolce)の俳句 季語 日記のブログ

http://haiku2015.cocolog-nifty.com/haikunikki/2016/03/post-d921.html
2015年5月半ばから俳句を始め、この8月半ばに季語を中心にした俳句ブログを作りました。季語をひとつ それにオリジナルの俳句を加えていきます。ご感想はVFG16603@nifty.ne.jpへ 申し訳ありませんが、写真は季語と関係しないものを入れている場合が

季語 春 三春 朧月: あーやしゃん(俳号 dolce)の俳句 季語 日記のブログ

http://haiku2015.cocolog-nifty.com/haikunikki/2016/03/post-7028.html
あーやしゃん(俳号 dolce)の俳句 季語 日記のブログ. 2015年5月半ばから俳句を始め、この8月半ばに季語を中心にした俳句ブログを作りました。季語をひとつ それにオリジナルの俳句を加えていきます。ご感想はVFG16603@nifty.ne.jpへ 申し訳ありません

季語 春 三春 石鹸玉: あーやしゃん(俳号 dolce)の俳句 季語 日記のブログ

http://haiku2015.cocolog-nifty.com/haikunikki/2016/03/post-3e1a.html
2015年5月半ばから俳句を始め、この8月半ばに季語を中心にした俳句ブログを作りました。季語をひとつ それにオリジナルの俳句を加えていきます。ご感想はVFG16603@nifty.ne.jpへ 申し訳ありませんが、写真は季語と関係しないものを入れている場合が

季語 春 晩春 桜狩: あーやしゃん(俳号 dolce)の俳句 季語 日記のブログ

http://haiku2015.cocolog-nifty.com/haikunikki/2016/03/post-275b.html
あーやしゃん(俳号 dolce)の俳句 季語 日記のブログ. 2015年5月半ばから俳句を始め、この8月半ばに季語を中心にした俳句ブログを作りました。季語をひとつ それにオリジナルの俳句を加えていきます。ご感想はVFG16603@nifty.ne.jpへ 申し訳ありません

季語 春 三春 常節 とこぶし 一句一遊: あーやしゃん(俳号 dolce)の俳句

http://haiku2015.cocolog-nifty.com/haikunikki/2016/02/post-1e41.html
2015年5月半ばから俳句を始め、この8月半ばに季語を中心にした俳句ブログを作りました。季語をひとつ それにオリジナルの俳句を加えていきます。ご感想はVFG16603@nifty.ne.jpへ 申し訳ありませんが、写真は季語と関係しないものを入れている場合が

季語 春 仲春 鳥帰る 鳥雲に入る 白鳥帰る 海猫渡る 雁帰る: あーやしゃん

http://haiku2015.cocolog-nifty.com/haikunikki/2016/03/post-5119.html
2015年5月半ばから俳句を始め、この8月半ばに季語を中心にした俳句ブログを作りました。季語をひとつ それにオリジナルの俳句を加えていきます。ご感想はVFG16603@nifty.ne.jpへ 申し訳ありませんが、写真は季語と関係しないものを入れている場合が

季語 春 三春 山笑ふ コミックから: あーやしゃん(俳号 dolce)の俳句 季語

http://haiku2015.cocolog-nifty.com/haikunikki/2016/03/post-c5c6.html
あーやしゃん(俳号 dolce)の俳句 季語 日記のブログ. 2015年5月半ばから俳句を始め、この8月半ばに季語を中心にした俳句ブログを作りました。季語をひとつ それにオリジナルの俳句を加えていきます。ご感想はVFG16603@nifty.ne.jpへ 申し訳ありません

畑焼く

http://dokusyopakuri.seesaa.net/article/435766156.html
2016-03-28 03:31:00 - 津軽の田んぼで切った枝などを焼いているところもあったが、雪の中で焼いている場面もあった。今こうして 老人のいきちにはいってくると、その香りも わびさびとしてもいいのではと思えるのは私だけでしょうか。春..

俳句でも作るか。

http://paperbooklet.seesaa.net/article/435588622.html
2016-03-24 03:47:00 - こんにちは。こんばんは。どっちかわわからないので一応両方やりました。今回は俳句を作ってみたいと思います。俳句を知らない人はいないとは思いますが一応説明しておくと、五七五からなる十七音で..

水模様

http://ftomita.seesaa.net/article/434549316.html
2016-03-04 03:34:00 - 冬将軍も弱まり三寒四温の日が繰り返し、後に春の暖かい空気に覆われる日が続くでしょう、昨日、暖かい日差しに誘われ鳥達が集まる小さな池に行ってみた、池の水も心なしか暖かく思われ「水温む」という..

春の苔

http://dokusyopakuri.seesaa.net/article/434393652.html
2016-02-29 02:34:00 - 「雪溶けて 軒下にいた 苔もあり」古き家は特にそうなんであろうが、明治・大正・昭和・平成とかわらず生きているのに樹木というのがあるが、苔というのもまたある。人と争らず 欲は少なく、それでいて自然と..

湯気立てて

http://dokusyopakuri.seesaa.net/article/434283236.html
2016-02-26 02:38:00 - 道路が乾いたかと思えば また湿った雪が降ったり 春が近づいたかと思えば また冬に戻ったりの津軽の風景である。火鉢の鉄瓶の釜湯の湯気はもう少し 居直るようだ。湯気立てて柱時計のくもりたる..

冬苺

http://dokusyopakuri.seesaa.net/article/433949937.html
2016-02-18 02:10:00 - 真っ只中の冬にはめったに見られないが、秋の末の小雪のちらついた野山への雪道にひっそりとある光景はなにがしら 宝石のように ここにはふさわしくない赤の色である。English Cocker ..

豊かな人生 武者小路実篤 著

http://dokusyopakuri.seesaa.net/article/433827893.html
2016-02-15 02:45:00 - 「厨房へ月夜の光寒蜆」元祖しじみラーメン 和歌山去年 小泊の十三湖まで 友人といってしじみラーメンというのを食ったが、ちぢれた麺は珍しいといっていたっけな、今日の季語は寒蜆だが 寒い中..

裸木

http://dokusyopakuri.seesaa.net/article/433668150.html
2016-02-11 02:20:00 - 「裸木や 経を唱えて 輪廻説く」あんなに緑の葉っぱが茂って 向こうが見えなかった夏に 今はこうしてすっからかんとなっている不思議。ただただ、冬の風に 細い枝を震わせている。でも 草木ばかり..

【Potora】俳句の歳時記において、「三寒四温」が季語となっている季節はいつ?

http://kodukaimoraou.seesaa.net/article/433589783.html
2016-02-09 02:50:00 - 俳句の歳時記において、「三寒四温」が季語となっている季節はいつ?夏秋冬春正解.冬楽天ツールバー

松過

http://dokusyopakuri.seesaa.net/article/432574711.html
2016-01-15 01:38:00 - 車の運転手と話して 時は早いものであると 正月もあったいう間に去ってゆくことをお互いに話すのであった。本当に加速度的に感じる時の流れである。この加速度は何から来るのであろうか。少年の頃は一日一日が..

寒すずめ

http://kametarou123.seesaa.net/article/432359283.html
2016-01-10 01:50:00 - 【寒すずめ】雀は、田に餌がなくなる冬季は、人家近くに餌を求めて集まるので親しみやすい。本来は食鳥としての雀を寒雀と呼んだ。(「季語歳時記」より)「本来は食鳥」だったそうです。私も昔、興味本位で..

牡蠣を剥く

http://dokusyopakuri.seesaa.net/article/432313338.html
2016-01-09 01:54:00 - 「年輪の 浮きた牡蠣剥く 老婆いて」去年仙台からお歳暮に送れられてきた生牡蠣、初めてなので 食い方がわからない。基本的に殻は食えんから砕くか 金棒なんかでこじ開けるかしかなかったようで、か..
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
キーワードクラウド キーワード一覧
Copyright © 2013-2016 ブログ横断検索 All Rights Reserved.