石川数正

TOEIC かずまさちりもと ドラマ 三十郎人物伊藤正之さん信元信康信繁 信長 側近大地震大坂天下家康家老家臣小笠原貞慶 岡崎城 弓取り戦い指示 日本 昌幸 松本城 正本人武田信玄派遣源次郎 田丸 真田 石川 石田三成 秀吉秀吉側裏切った裏切り討伐調略豊臣負けた返った進みましょう離反面白い

真田丸キャスト表 随時更新

http://ameblo.jp/efgstore1988/entry-12004254060.html
2016-05-23 05:00:00 - 賤ヶ岳七本槍)・・・・・新井浩文福島正則(賤ヶ岳七本槍)・・・・・深水元基片桐且元(賤ヶ岳七本槍)・・・・・小林隆平野長泰(賤ヶ岳七本槍・馬廻衆筆頭)・・・・・近藤芳正石川数正(徳川→豊臣)・・・・・伊藤正之立花権三(馬廻

松本城襲撃

http://ameblo.jp/hd8000qvodafonenejp/entry-12162980317.html
2016-05-22 05:18:22 - らバスに乗りなんとか松本駅に到着し、少し時間があったのでそのまま国宝、松本城襲撃!!!松本城は武田信玄が信濃侵攻の時に拠点とした所でのちに徳川から豊臣秀吉の配下となった石川数正が初代城主となったお城です♪まずは城周辺の堀な

お城に思いを馳せて・3(松本城)

http://ameblo.jp/nouveauhabitat/entry-12163001331.html
2016-05-22 05:49:10 - を今にとどめる天守たちである。そんな貴重な国宝の一つが、国宝・松本城だ。◆城主、変遷信濃の名家、小笠原氏一族によって築かれた深志城がもととなり、武田氏などの時代を経て、石川数正・康永親子の時代に、現在の松本城天守が整備され

ようやく追い付いた、真田丸

http://ameblo.jp/ji-n108/entry-12159414162.html
2016-05-12 05:18:18 - とか、家康は三河弁が正解だ、など、様々な意見はあるのでしょうが、私は描き方がすごく好きです。そしてズドンとくるセリフもそこここに散りばめられています。15話での源次郎と石川数正とのやり取り。家康様はわしを探すのに刺客を放っ

真田丸 キャスト まとめ 随時追加☆茶々の浮気相手?大野治長役を

http://ameblo.jp/akane12777/entry-11966465060.html
2016-05-21 05:10:44 - 家康の嫡男(星野源)≪徳川家家臣≫本多正信 徳川家の名参謀(近藤正臣)本多忠勝 徳川家の猛将で小松姫の父(藤岡弘)[公式の詳細]服部半蔵 忍び(浜谷健司)[公式の詳細]石川数正 徳川家重臣(伊藤正之)[公式の詳細]大久保忠

『真田丸』第14回『大坂』感想(ネタバレ有)

http://ameblo.jp/zeppeki-man/entry-12149296152.html
2016-04-11 04:47:22 - 外交謀略内政人事とあらゆる状況で活躍できる信尹叔父さんは、フォワードもガードも完璧にこなすオールラウンダー仙道に近いのかも。その期待に応えるように、信尹叔父さんの細工で石川数正が豊臣方に出奔。この世のありとあらゆる悪事には

桶狭間古戦場訪問4 丸根砦

http://ameblo.jp/donntukikawaraban/entry-12160044303.html
2016-05-16 05:47:05 - を攻めたのです。佐久間盛重は、撤退して信長本隊に合流することを主張しますが、服部玄蕃がこれに反対し400の兵は砦を打って出て松平勢と戦ったのです。元康は石川家成を先鋒に石川数正や酒井忠次・本多重次らを指揮して戦い、丸根砦は

『真田丸』第2話

http://ameblo.jp/kuma-kichi-1q63/entry-12118698356.html
2016-01-18 01:06:26 - はドラマのシナリオの通り(2)武田氏が穴山梅雪ら一門衆や小山田信茂ら譜代の国衆の裏切りで滅びたことに触れ、このようなことがないようにあって欲しいと言った徳川家康に対して石川数正が「徳川家中は一心同体。心配ご無用でございます

日々是学ぶ!第一〇六回 信長と長政、激突。血で染まった姉川

http://ameblo.jp/hibicorrect2/entry-12160398003.html
2016-05-15 05:00:00 - 月。これを姉川の戦いと言います。朝六時、徳川軍と朝倉軍が激突し、戦いが始まりました。数では朝倉優位、しかし家康はこの戦いに臨んで徳川家の誇る精鋭、大久保忠世、本田忠勝、石川数正らを連れてきておりました。家康自らの出陣ともあ

豊臣秀吉の光と影(その1)

http://ameblo.jp/bukenotoryo1118/entry-12152862193.html
2016-04-22 04:26:43 - かなか上洛に応じなかった徳川家康に対して、粘り強く外交交渉や調略活動を続けた結果、遂に臣下の礼を取らせたことでも明らかですねこの時秀吉は①徳川家臣団における序列第二位の石川数正(いしかわかずまさ)を調略離反させる②徳川方の

真田丸 第14回「大坂」

http://ameblo.jp/0917nyoe/entry-12149084485.html
2016-04-11 04:47:29 - 機嫌ですがめげないね~一方、徳川では、信尹さん(栗原英雄さん)が暗躍やっぱり真田家で最強なのは、昌幸さん(草刈正雄さん)ではなく、信尹さんな気も牢に閉じ込められながら、石川数正(伊藤正之さん)を凋落!指示をしているのが昌幸

真田丸 感想記事一覧

http://ameblo.jp/ridia/entry-12149611868.html
2016-05-14 05:00:26 - 2回「人質」鉄火起請 結果オーライ!兼続と景勝と信繁の三角関係 真田丸13回「決戦」第1次上田合戦 守城に防柵仮小屋土塁 梅の死 真田丸14回「大阪」待ちぼうけ上杉家 石川数正出奔徳川家 すえちゃん可愛い真田家 真田丸15

真田丸 第十四話「大坂」

http://ameblo.jp/autum3598/entry-12148893858.html
2016-04-10 04:50:21 - 、つまりは秀吉初登場回、ということもあって、中盤以降は、比較的明るい雰囲気で展開されていった印象の今回。(ちなみに戦国時代は「大阪」ではなく「大坂」。誤植じゃないよ笑)石川数正の出奔、信尹の徳川による召抱え等、戦国らしい登

不調

http://ameblo.jp/wolf001/entry-12158897833.html
2016-05-10 05:56:04 - 戦い方がある❗』の台詞通り、主を上杉、三好、葦名、足利、織田、徳川と渡り歩くそして貞慶は徳川の力を借り、念願の深志城を奪還❗大名復帰❗しかし負債は大きかった長男の秀政は石川数正に人質として預けられ、あちこちの城攻めにこきつ

連休1日目 徳川名宝展

http://ameblo.jp/bokugenn2/entry-12151216280.html
2016-04-17 04:43:19 - でよく目にする徳川家康の肖像画や戦国絵巻などなど歴史好きには、たまらない内容でした!家康のお母さん、於大の方、側近、大久保氏に榊原氏に本田忠勝に服部半蔵などなどおっと、石川数正や本阿弥光悦も忘れてはいけません!話が脱線しま

『真田丸』第壱四話 感想

http://ameblo.jp/masamurata0331/entry-12150109027.html
2016-04-14 04:51:43 - ・所かまわずに動き回り、信繁の控えている間に表れて『以外に好きな顔~♪』なんて言いながら信繁の頬を撫でて、おちょくる茶々。いくらなんでも自由過ぎ~!徳川家の重臣であった石川数正。彼は、徳川家と秀吉の間の外交担当をしていた経

【PSP】キャラ番号表【太閤立志伝5】

http://ameblo.jp/mrms/entry-12137947806.html
2016-03-11 03:15:13 - 生駒頼正 100 稲富一夢11 安東実季 41 穴山梅雪 71 石川昭光 101 稲葉一鉄12 秋山信友 42 姉小路頼綱 72 石川数正 102 稲葉貞道13 明智秀満 4

『昔の人は偉かった』第十四章 百人一首の旅 第35・36首+『隣

http://ameblo.jp/welcome-shift/entry-12107357392.html
2015-12-18 12:18:47 - 150周年』を記念し、1986年に北アルプスの玄関口・松本駅前に銅像が建てられた。午前9:40、スタートから4キロ、町のシンボル・松本城に到着。安土桃山時代に松本藩主・石川数正によって築城された平城で、国宝五城(松本城・姫

『徳川家康』(1964・1965 NET)メモ

http://ameblo.jp/ameblojp-blog777/entry-12122626344.html
2016-01-29 01:05:00 - (築山殿)住田知仁(織田三郎吉法師)津川雅彦(織田信長)山本学(木下藤吉郎)日下武史(竹之内波太郎)高橋悦史(水野信近)戸浦六宏(水野信元)花柳喜章(今川義元)石山律(石川数正)岸田森(竹中半兵衛)武藤英司(酒井忠次)伊藤

楠戸義昭・この一冊でよくわかる!女城主・井伊直虎

http://ameblo.jp/asitaniw/entry-12158414810.html
2016-05-08 05:34:51 - 一握りだったみたいな事が書かれてましたが。井伊直虎を想い、元服を20歳過ぎまで遅らせ、徳川家康からは松平を、豊臣秀吉からは羽柴姓をなのるようにと、寵愛され。袂をわかった石川数正には、徳川の素晴らしいさを説いた男。豊臣秀吉の

小説「戦国カルテット」その61

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL3Nlbm5nb2t1a2FydXRldHRvLzEzNjU5NTE3Lmh0bWw-
2016-05-24 05:44:00 - 真っ先に応対したのが将軍義昭の代理細川藤孝、次いで徳川家康代理石川数正、浅井長政代理阿閇貞秀、北畠具房代理滝川三郎兵衛らであった。

「謀将 石川数正」南原幹雄

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL3J1d3dtaW4vMTczMjQ0MzYuaHRtbA--
2016-05-21 05:34:00 - ここんとこかなり忙しく、本を読めてなかったんだけど、最近やっと1冊読み終えました。家康の家臣だった石川数正が、突然寝返ってしまった話。何故寝返ったの?読ん

小説「戦国カルテット」その56

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL3Nlbm5nb2t1a2FydXRldHRvLzEzNjQ2MzI5Lmh0bWw-
2016-05-19 05:58:00 - この頃、石川数正に属する西三河の国人衆は松平源次郎直乗、松平宮内忠直、内藤弥次右衛門家長、平岩七之助親吉、鈴木喜三郎重時、鈴木越中守重愛等であり

徳川譜代筆頭の城 彦根城 その5

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL3Bhc2NhbF9zZWtpLzcxMjE0ODkyLmh0bWw-
2016-05-16 05:10:00 - 永く家康の片腕として徳川を支えて来た石川数正の秀吉への出奔です。『徳川の軍制が筒抜けになる あまりにも上手い話なので“石川数正偽装出奔説”も囁かれましたが…。

土呂八幡宮と西光寺

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2Jva2VueWEwMDEvMzU5MTI1NjkuaHRtbA--
2016-05-15 05:31:00 - 徳川家康公の命を受け石川数正によって再建されたという神社です重要文化財の本殿「家康公400年祭 家康公ものがたり」御朱印帳にいただき

お城巡り~新緑の信州 国宝 松本城

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL3doaXRlX3JpbmczMTIvNjM3MDY0NzYuaHRtbA--
2016-05-15 05:45:00 - 家康の元から秀吉についた「石川数正」が整備したという遠藤憲一の演じる「上杉景勝」がすきなんです彼も1度は手に入れたらしいのですが

「真田丸」敵対した家康陣営に…真田ら気まずい大名

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL3N0YWthbWF0c3VzLzM1OTEwNTUyLmh0bWw-
2016-05-14 05:39:00 - 実はこの人、あの石川数正の出奔に関わっています。貞慶の父・長時は武田信玄に敗れ これに動揺したのが、石川数正です。彼は小笠原の指南役も務め

小説「戦国カルテット」その43

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL3Nlbm5nb2t1a2FydXRldHRvLzEzNjMwNjMxLmh0bWw-
2016-05-13 05:50:00 - 家康の名代石川数正、一門筆頭の織田信広等の親類衆、水野元信、佐久間信盛、森可成、柴田勝家等の宿老衆、松井有閑、堀田道空等の町衆が次々とやって来て

小説「戦国カルテット」その39

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL3Nlbm5nb2t1a2FydXRldHRvLzEzNjI1ODkwLmh0bWw-
2016-05-11 05:47:00 - これに対し、家康の重臣で有力門徒の石川家成、石川数正、本多広孝、本多重次、本多忠勝、内藤義清 酒井忠次、酒井正親、石川数正、石川家成、本多忠勝、本多忠真

小説「戦国カルテット」その38

http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/blog/search/article/item/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL3Nlbm5nb2t1a2FydXRldHRvLzEzNjI1NzUxLmh0bWw-
2016-05-11 05:31:00 - 使者は酒井忠次と石川数正の二人であった。供の者達は別室に控えていた。この二人、元康を支える中心人物で、三河平定後には忠次が東三河担当

太阁5累了 | 翼の空間

http://obeliskxlon.blog115.fc2.com/blog-entry-441.html
太阁5主线玩不下去了,1578年独大,把老乌龟的石川数正挖过来,等着他来求和,他就是死也不来。回来看攻略,结果

関東・甲信越03 徳川家03 | 戦国ちょっといい話・悪い話まとめ

http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3792.html
小栗又一 (10)菅沼定盈 (1)菅沼定則 (1)菅沼定忠 (1)石川数正 (2)石川重政 (1)石川丈山 (1)石川又四郎 (1)蜂屋貞次 (2)蜂屋定頼 (1)皆川広照 (1)夏目吉信 (3)

13期・城配置武将 エリア.6 | 『六畳一間の天守閣』

http://mdeq.blog93.fc2.com/blog-entry-7.html
●エリア.6024 韮山城大将:北条氏規(097.北条早雲)副将:多目元忠(134.北条氏綱)038 駿府城大将:大久保長安副将:伊勢北川039 浜松城大将

NEWS WEB▽残された疑問数多く…“STAP細胞”不正の真相は▽石川善樹 20141226 | news系動画まとめ

http://newskeimatomedouga.blog.fc2.com/blog-entry-14308.html
▽研究不正の真相は?多くの疑問残されたままの“STAP細胞”問題・取材続けた記者が掘り下げる▽あなたは何をつぶやきましたか?つぶやきで1年振り返る▽石川善樹さん

日本名门百家(依据华族制度) | 風姿花傳-日本写真/历史杂谈

http://kazetohanajp.blog123.fc2.com/blog-entry-9.html
五十音顺 明石家 男 明石全登同门 浅野家 候 浅野长政后 足利家 子 阿苏家 男 有马家(

100万人の信長の野望_シーズン15「決戦!関ヶ原」 (城別武将一覧_大将&副将) | ぶーときゃんぷ入隊記録

http://iino55.blog.fc2.com/blog-entry-342.html
家来コレクションの武将がどの城にいるかの一覧はこちら_シーズン15「決戦!関ヶ原」版城番号エリアG城名大将副将11徳山館松前慶広下国師季21大浦城沼

[戰國相關]司馬大嬸的【霸王之家】摘抄筆記(5) | [無心]暫住地

http://migillu.blog128.fc2.com/blog-entry-53.html
大家新年快乐,2010年也请多多指教=v=上篇:点我“多年以后,到了丰臣时代末期,丰臣家有位权势显赫的大名名叫细川忠兴,他位于伏见的官邸金银

[戰國相關]司馬大嬸的【霸王之家】摘抄筆記(5) | [無心]

http://hulukuma.blog125.fc2.com/blog-entry-142.html
大家新年快乐,2010年也请多多指教=v=上篇:点我“多年以后,到了丰臣时代末期,丰臣家有位权势显赫的大名名叫细川忠兴,他位于伏见的官邸

大河ドラマ「真田丸」14話感想: りっち~ の暗黒卿ブログ

http://shootingstar.txt-nifty.com/ritchie/2016/04/14-dc07.html
石川数正出奔 いつかあの伊賀越えを思い出してまた泣いてしまう 「信尹に調略された」ってだけじゃ全くわからないというか、 上手く表現できていない気がする。 「数正は家康が今川人質時代からの最古参家臣」とか 「家康に粛清された長男信康や正室築山殿と

モナド日記

http://triceratops.cocolog-nifty.com/
石川数正というと、松本城を築いた人。であることが、自分にはとりあえず思い出されるわけだが、この数正、もともと徳川家康の家臣だったものが、あるとき徳川を捨てて羽柴秀吉の下に走っちゃった人でもある。ということを、竹橋の国立公文書館で開催中の特別

怪獣酒場: モナド日記

http://triceratops.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-1582.html

柳澤協二氏のお話を聞いた: モナド日記

http://triceratops.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-b642.html

松本隆の魔術的作詞: モナド日記

http://triceratops.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-c237.html

オカルトの巨匠たちの思い: モナド日記

http://triceratops.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-cbef.html

二郎余話: 真田幸村 大河ドラマ

http://jirokayo.cocolog-nifty.com/blog/cat67147505/index.html
石川数正が出奔する。 家康から秀吉に走る。 家康陣営で浮いていたようだ! 石川数正の出奔にも関係しているのか?? が、家康にかかえられる!! 真田も徳川、豊臣、 信繫は京で石川数正に会う! 責められる。 出奔は昌幸の差し金と! 信繁は逆に数

橋本リウ詩集: テレビ

http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/cat20914251/
この信繁の 「妻を失った悲しみ」 を癒し、同時に乗り越えさせる武器として三谷サンが使ったのが、徳川を出奔させた石川数正(本 と食ってかかるのですが、この信繁の 「お梅に何もしてやれなかった」 という悔しさを挽回するきっかけに、石川数正を使っている

真田丸 第14話「大坂」 感想: 山吹色きなこ庵・きままにドラマ

http://yamabuki-iro.cocolog-nifty.com/touko/2016/05/post-a114.html
信尹は徳川に人質として捕られられている間に、家康の家臣、石川数正を口説き落とし、秀吉の元へと出奔させてしまいました。 . 家康の忠実な家臣だった数正を裏切らせるなんて凄腕ですわ。 . それで家康は、数正によって徳川の内情をすべて秀吉に握られて

KEIBA通信: 映画・テレビ

http://keiba-com.cocolog-nifty.com/blog/cat6622481/
まあ、主演の真田信繁(堺雅人)は、勿論のことなんですが、他にも、石川数正(伊藤正之)や、真田信尹(栗原英雄)なども、めっちゃ渋い演技で、存在感がバツグンだった訳なんですけど・・・。 個人的に、気になったのは、やはり、今週から登場した山本耕史さん

石川数正 秀吉側に転ずる

http://sanadanobuyuki.seesaa.net/article/436567399.html
2016-04-12 04:00:00 - 石川数正 家康を裏切る11月中旬、真田氏攻撃のために信濃に集合していた徳川軍が、突然撤退します。真田昌幸も徳川軍の行動を不審に思いながら、上杉家の重臣・直江兼続に状況を報告しています。..

真田丸 第十四話 あらすじ!感想!ネタバレです!!

http://mama-informationa.seesaa.net/article/436580997.html
2016-04-12 04:20:00 - 真田丸の第14回が終わりました。ネタバレですので、知りたくない方は見ないでくださいね!!第十四話 大坂上田城において、真田勢は徳川の大軍に圧勝した。世にいう、第一次上田..

石川数正が・・

http://ponett.seesaa.net/article/434775325.html
2016-03-27 03:59:00 - 「石川数正が・・」石川数正、徳川家の政略の柱の一つだった武将。外交などに活躍し、時には家康に代わりに国を預かったり、軍制を整えたりと徳川家にとってとにかく大事な武将だった。..

松本城

http://japan-world-heritage.seesaa.net/article/426890952.html
2016-09-28 09:56:00 - 松本城が真っ黒のワケ。それは豊臣秀吉への忠誠心。黒は秀吉が好んだ色で「忠誠心の象徴」とされていたので、当時の武将たちは城に黒をもちいることが多かったからです。では、その変遷は?..

(木)ボクを、大坂城で捕まえて!

http://moeka-kosmos.seesaa.net/article/132333807.html
2016-11-12 11:00:00 - しからば、左様なら……。明日、11月13日は、石川数正が徳川から豊臣へ出奔した日。1583年天正13年のこと。これぞ、戦国屈指のナゾとされている。徳川譜代の家臣で、家康の幼少期より補佐..
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。
キーワードクラウド キーワード一覧
Copyright © 2013-2016 ブログ横断検索 All Rights Reserved.